ふるさと納税 登録自治体

近畿  

大阪府泉佐野市
いずみさのし

大阪府泉佐野市のご紹介

大阪市と和歌山市のほぼ中間に位置し、背後に一部が金剛生駒紀泉国定公園に指定された和泉山脈を擁し、美しい山河、緑あふれる恵まれた自然環境にあるまちです。商・工・農・漁業がそれぞれバランスよく栄えてきましたが、関西国際空港の開港などに伴う人口の増加とともに、商業・サービス業が盛んになっています。名前の由来は、中世以来の村名「佐野」に旧国名和泉を冠したもので、伝承では「狭い原野」ということから「狭野」というようになり、それが転じて「佐野」とよばれるようになったといわれています。昭和23年4月1日、佐野町の市制施行により泉佐野市が誕生し、昭和29年、南中通村、日根野村、長滝村、上之郷村、大土村の5カ村が合併し、現在の市域が形成されています。平成6年9月に開港した関空によるインパクトを最大限に活用し、世界と日本を結ぶ玄関都市として、21世紀にふさわしい国際都市をめざしてまちづくりに取り組んでいます。

【お申込とお礼の品のお届けについて】
各お礼品詳細ページの配送期日をご確認ください。年末年始については申込みが集中するため、1ケ月以上要する場合がございます。また、お礼品によってはお届け時期が前後する場合がございます。予めご了承ください。寄附者様のご都合による寄附申込みのキャンセル、返礼品の変更や返品はできません。

【寄附受領証及びワンストップ特例申請書について】
・入金確認後1週間程度で届きますので、ワンストップの申請は市発行の申請書をご利用下さい。なお、ダウンロードした申請書の場合、処理に時間がかかります。
返送先:〒885-0072 宮崎県都城市上町7街区12 千日木野田ビル2F 宛先 泉佐野市ふるさと納税ワンストップ申請係
・メールアドレスをご登録の方は、受付後メールにて受付通知をお送りします。

【お問い合わせについて】
<メールアドレス> 
・寄附・返礼品に関する:izumisano-furusato@home-tax.jp
・ワンストップ特例申請に関する:izumisano-onestop@home-tax.jp
<電話>
・泉佐野ふるさと納税事務局  受付時間:土日祝日を除く 9:00~17:00
072-468-6120(音声案内の後各担当へ振り分けられます)

【泉佐野市ってどんな町?】
泉佐野市は、日本の大阪府南部に位置する市で、2021年9月までの情報では、大阪府内では最南端の都市の一つです。総面積は約39.58平方キロメートルで、人口は約55,000人となっています。市の北部は主に都市部で、南部は田園風景が広がります。また、市内には淡輪湖という湖も存在します。泉佐野市は大阪国際空港(通称:伊丹空港)へのアクセスが容易で、また関西国際空港へのアクセスも良好で、その便利さから観光やビジネスの拠点としても利用されています。市内には商業施設やレストラン、ホテルなどが立地し、多くの観光客やビジネスマンが訪れます。また、泉佐野市は歴史的にも見どころが多く、城址や古墳などが点在します。その中でも特筆すべきは、「和泉平野」に位置し、古墳時代の遺跡が数多く存在することで知られる「佐野山古墳群」です。また、市内には旧家や伝統的な町並みも残っており、それらが現代の街並みと調和しています。

【歴史について】
泉佐野市の地域は古代から人々が生活していた地域で、多数の古墳が存在します。これはこの地域が古代の日本で重要な役割を果たしていたことを示しています。具体的には、泉佐野市は古墳時代の遺跡が多く存在することで知られ、中でも「佐野山古墳群」はその代表的なものです。中世には、泉州地方全体が織田信長、豊臣秀吉、徳川家康といった戦国時代から江戸時代初期の大名によって支配されました。これらの時代の遺跡や史跡も泉佐野市内には存在します。近代以降、大阪府南部の田園地帯として農業が主に営まれ、また、地元の漁業も重要な産業でした。また、大阪市へのアクセスが良好であることから、都市化が進み、多くの人々が居住するようになりました。

第二次世界大戦後の高度経済成長期には、泉佐野市周辺地域は産業化と都市化が進み、大阪市のベッドタウンとして発展しました。1970年代には関西国際空港が開港し、その後の関空新都市構想により、さらに発展を遂げました。
以上が、大まかな泉佐野市の歴史です。古代の古墳から近代の都市開発まで、泉佐野市は日本の歴史を色濃く反映した地域と言えるでしょう。

【泉佐野市のおすすめ観光先】
泉佐野市はその地理的な位置と歴史的な背景から、多様な観光地を有しています。以下に、いくつかの観光地を紹介します。
佐野山古墳群:市内で最も重要な古代遺跡で、数多くの古墳が存在します。その中でも特に注目すべきは、国の史跡に指定されている「佐野山古墳」です。
市立泉佐野市民ミュージアム:市内の歴史や文化を学べる施設で、佐野山古墳群から出土した考古学的な遺物が展示されています。
淡輪湖:市の南部に位置する淡輪湖は、湖岸でのピクニックや散歩、自転車でのサイクリングなどを楽しむことができます。
旧家と古い町並み:市内には旧家や古い町並みが点在しており、その中でも「廣田家住宅」は国の重要文化財に指定されています。
レンガ造りの倉庫群:泉佐野市内には、明治から昭和初期のレンガ造りの倉庫が保存・利用されている地域もあり、レトロな雰囲気を楽しむことができます。
市立泉佐野図書館:近代的な建築の中に、地域の文化や歴史について学ぶことができます。
以上が泉佐野市の一部の観光地です。市内には他にも様々な観光地があり、歴史や文化、自然を楽しむことができます。

【泉佐野市の経済発展の歴史と現状を教えて下さい。】
泉佐野市の経済は、農業、漁業、そして後に工業とサービス業によって発展してきました。まず、古くから泉佐野市は豊かな自然環境に恵まれ、農業が盛んでした。また、市の南部に位置する淡輪湖や大阪湾沿いという立地から、漁業も重要な産業でした。20世紀に入り、特に第二次世界大戦後の高度経済成長期には、泉佐野市周辺地域は産業化と都市化が進み、大阪市のベッドタウンとして発展しました。工業や製造業の発展により、泉佐野市は経済的に一層成長しました。

1970年代には関西国際空港が開港し、その後の関空新都市構想により、泉佐野市はさらに発展を遂げました。これにより、物流、交通、観光、サービス業などがさらに活発化しました。近年では、関西国際空港との接続性を活かした物流業やサービス業、観光業が盛んで、地元の経済を支えています。また、地域の特産品としては、農産物や海産物があり、これらも市の経済に貢献しています。

【泉佐野市の経済発展に必要な未来を考えてみました。】
泉佐野市の経済発展に必要な未来の要素について提案します。
技術革新とデジタル化:AIやIoTなどの最新テクノロジーを活用することで、都市の効率性や生活の便利さを向上させることが可能です。これらの技術を活用して、スマートシティ化を推進することで、市の魅力と競争力を向上させることができます。
持続可能な経済:地球温暖化対策や環境保護といった持続可能性に関連する取り組みが、今後ますます重要になるでしょう。農業や漁業の持続可能な方法を採用するとともに、再生可能エネルギーの利用を促進することで、泉佐野市の環境負荷を減らすことが可能です。
観光業の強化:泉佐野市は、その歴史的背景や自然環境、地元の文化といった豊富な観光資源を有しています。これらの資源をさらに活用し、観光産業を強化することで、地域経済を活性化することができます。
教育と人材開発:未来を担う次世代の人材を育てることは、都市の発展にとって重要な要素です。教育機関と地元産業との連携を強化し、技術革新や産業のニーズに対応した教育を提供することで、人材を確保し、経済発展を支えます。
地域の連携強化:大阪府内の他の市町村や大阪都市圏との連携を強化することで、相互の経済力を高めることが可能です。特に、関西国際空港との良好な接続性を活かし、国内外との物流や交通のハブとしての役割を強化することが重要でしょう。

【泉佐野市の人口を増やす、または若者に移住してもらうことを考えてみましょう。】
泉佐野市の人口を増やし、特に若者に移住してもらうためには、以下のような方策を考えることができます。
就労機会の創出:若者が地方に移住する一番のハードルは、就労機会の不足です。地元の企業と協力し、新たな雇用を創出することが重要です。また、スタートアップ企業や新しいビジネスモデルを支援することで、新たな産業と雇用の創出を促進します。
教育・研究機会の提供:大学や研究機関と連携し、教育プログラムや研究機会を提供することで、若者を惹きつけることができます。
生活環境の向上:豊かな自然環境、公共施設の充実、治安の良さなど、生活環境の質を高めることが人口増加に寄与します。また、子育て支援策や医療環境の充実など、ライフステージに応じた支援を提供することも重要です。
住宅政策:手頃な価格で高品質な住宅を提供することで、若者や家族層を惹きつけることができます。また、移住支援金や住宅購入支援などの制度を設けることも有効です。
地域の魅力の発信:泉佐野市の魅力を積極的にPRすることで、地域への注目を高め、移住を促進します。SNSやウェブサイトを活用した情報発信、地域のイベントや祭りへの招待などを通じて、地域の魅力を発信することが重要です。
これらの方策を通じて、泉佐野市の人口増加や若者の移住を促進することができます。

【泉佐野市の魅力を伝える方法は】
泉佐野市の魅力を伝えるための方法を以下に提案します。
SNSとデジタルマーケティングの活用:InstagramやFacebookなどのSNSを活用して、市の美しい風景、地元のイベント、伝統的な文化、地元の食事などを紹介します。特に若年層にアピールするためには、現代的な視点で情報を伝え、視覚的なコンテンツを活用することが重要です。
PRビデオの制作:泉佐野市の歴史、文化、自然環境、生活環境、食文化などを紹介するPRビデオを制作します。その中で市の特色を活かした観光地や体験プログラムを紹介し、人々が泉佐野市を訪れる理由を提供します。
イベントの開催:市内の祭りやイベントをより多くの人々に知ってもらうために、それらのイベントの開催を積極的にPRします。また、新たに観光イベントや文化イベントを企画し、多様な観光客を引き寄せます。
インフルエンサーとの連携:SNSのインフルエンサーや有名人を招待し、彼らの体験を通じて泉佐野市の魅力を広めます。彼らの投稿や動画は大きな影響力を持つため、市の魅力を伝える効果的な方法となります。
地元の特産品のPR:地元の特産品や食べ物をPRすることも重要です。これらをオンラインショップで販売したり、特産品を活用した料理を提供する地元のレストランを紹介したりすることで、市の魅力を広く伝えることができます。

大阪府泉佐野市からのおすすめ返礼品

大阪府泉佐野市の魚介類・水産加工品ランキング

大阪府泉佐野市の日用品雑貨・文房具・手芸ランキング

寄附金の使い道

(1)まなびプロジェクト(教育施設等の公共施設整備)
「泉佐野市公共施設整備等基金」へ積立て、教育施設の充実など、「まなび」の環境づくりのために活用します。
(2)未来を創る教育プロジェクト(学力・体力向上推進、いじめ・不登校対策、奨学金貸付)
「泉佐野市教育振興基金」へ積立て、児童生徒の学力・体力向上といじめ・不登校対策、奨学金貸付に活用します。
(3)ともにいきるプロジェクト(社会福祉活動推進)
「泉佐野市福祉基金」に積立て、高齢者や障害者が「健康でいきいきと暮らせる」環境づくりに活用します。
(4)人づくりプロジェクト(国際交流振興)
「泉佐野市国際交流振興基金」に積立て、友好都市との交流による「人づくり、まちづくり」に活用します。
(5)にぎわいづくりプロジェクト(観光振興)
「泉佐野市地域経済振興基金」に積立て、市や市民団体が開催するイベントなど、「にぎわいづくり」の支援に活用します。
※寄附を活用するイベントを下記より指定できます。
1.特に指定しない
2.泉佐野郷土芸能の集い
3.ENJOYりんくう(りんくう花火)
4.ザ・まつり in izumisano
5.泉州YOSAKOIゑぇじゃないか祭り
(6)こどもプロジェクト(子育て支援)
「泉佐野市公共施設整備等基金」へ積立て、未来を担う「こどもたちがすこやかに育つ」環境づくりに活用します。
(7)地域のアートプロジェクト(芸術文化振興)
「泉佐野市教育振興基金」へ積立て、芸術及び文化の振興のために活用します。

アクセス

自治体名
大阪府 泉佐野市
所在地
598-8550 大阪府泉佐野市市場東1丁目295番地の3
TEL
072-468-6120
受付時間
泉佐野ふるさと納税事務局  受付時間:土日祝日を除く 9:00~17:00 電話:072-468-6120(音声案内の後各担当へ振り分けられます)

よくみられている返礼品返礼品一覧

ふるさと納税返礼品 総合人気ランキングもっとみる

ページ
上部へ